Dropbox APIをCocoaPodsからCarthageに変更

AppStoreにリリースしてます、FileList for Dropboxですが、
開発で使用しているDropboxのAPIはCocoaPodsを使用していたのですが、Carthageを使用するように変更しました。

参考になったサイトは、
CocoaPodsとCarthageの違い / ライブラリ管理
dropbox/SwiftyDropbox
CocoaPodをプロジェクトから削除する方法

修正にかかった時間は30分程度。
慣れていれば10分もかからないかと思います。

それで、これを機にソースコード一式を実験的にgithubに公開しました。
https://github.com/dengurix2/FIleList-for-Dropbox
特にライセンスは記述してませんが、アイコン等の画像以外は、ご自由に使用して構いません。

MacでHoloLensアプリをビルドして申請・リリース

MacでBootcampを使わずにHoloLensアプリを開発して、申請用にパッケージ化し、申請して無事Windows Storeでリリース(2017年3月22日)されました!

アプリ名は、『HoloAIR』と言います。

OLYMPUSのデジタル一眼カメラAIR A01の3Dシミュレーターです。

AirTapするたびに、「分解」 => 「統合」 => 「色変更」を繰り返します。

詳細は、Qiitaに『HoloLensアプリをMacでリリース』投稿してますので、よろしかったら参考にしてください。

 

動画をYouTubeにアップしました。(2017.04.03)