Swif3でDropbox API v2を使ってアプリ開発

2008年の年からiPhoneアプリを開発始めてから8年になります。

その間、Dropbox APIを使用したアプリ開発のお話が複数ありました。

今までは、Objective-Cでの開発が基本だったのですが、Swiftもそろそろ安定してきたので、

今回、完全Swift3でDropbox API v2を使ってシンプルなアプリを開発リリースしました。

アプリは、FileList for Dropbox

FileList for Dropbox

機能はまだまだシンプルで、
– Dropboxへのリンク、アンリンク
– 各階層のフォルダーとファイル名を表示
– 表示のリロード
のみ

今後はユーザーの反応を見ながら、
– 画像のサムネイルや画像を表示
– 3Dデータ(obj, stl, ply)の表示
– データのダウンロード、アップロード
– ファイルやフォルダの共有
など検討してます。

ファイルがアップされたか確認用にお使いください!

【開発環境】
Xcode8.0
iOS 10
macOS Sierra
SwiftyDropbox for iOS

iOSアプリ開発のスピード

先日某プロジェクトの打ち上げで皆さんに言われたのが、

「(iOS)アプリ開発(のスピード)早いですね!」

と。

本プロジェクトはアジャイル的開発だったので、特にスピード重視なところもあったのですが、

自分の中で思い当たるのは、

  • ハッカソンに参加して短時間でアプリを作り上げることを多々経験
  • フリーランスなので、思いっきり開発に時間を割けることが可能
  • 家に作業場があるので、起きて直ぐ、寝る直前まで開発可能
  • 開発画面が4kディスプレイ+HDディスプレイ

なのかな、と。