ようこそ先輩の問い

2週続けてNHKの「ようこそ先輩」を鑑賞。

~センセイの頭の中~
「世界から1年2組が消えたなら」
川村元気 (映画プロデューサー・作家)

私が川村元気さんを気にしだしたのは、映画「告白 (2010)」をプロデュースされた時に講演を聞きに言った話が興味深かったのと、自分が映像作品を作ってたのとで。

番組を見て気になったのは、川村さんの子供達への問い、

「世界から1年2組が消えたなら」。

かなり抽象的で、自分でも何を考えたら、何から考えたらよいか分からないかった。

多分、映画のお仕事をされているから、映画題名的な言い方に拘られてたのかと思います。

もうすこし考えやすくなるよう問いを言い換えれるとしたら、

「この世から、1年2組の自分以外の人か物が無くなったら、もしくは1年2組から自分だけいなくなったらどうなるか?」

という方の方が良かったかと思う。

 

自分もいつこの番組に出ても良いよう、お題を準備しておこう、とも思ったり。

NHK 課外授業ようこそ先輩

NHK 課外授業ようこそ先輩を見ました。

本日は、

~センセイの頭の中~
「ココロ動かすプログラミング」

真鍋大度(メディアアーティスト)

 

番組を見て意外に思ったのは、

今時の中学生でも、プログラミングとかARとかメディアアート関連の情報をあまり知っていないということ。

自分が中学生だった頃から数十年も経っているのに、そういう情報を入手する環境は整って無いんですね。

授業やクラブ活動の1つとしてあっても良いかと思うんですが、教える人がいないのかもしれませんね。