MacでHoloLensアプリをビルドして申請・リリース

MacでBootcampを使わずにHoloLensアプリを開発して、申請用にパッケージ化し、申請して無事Windows Storeでリリース(2017年3月22日)されました!

アプリ名は、『HoloAIR』と言います。

OLYMPUSのデジタル一眼カメラAIR A01の3Dシミュレーターです。

AirTapするたびに、「分解」 => 「統合」 => 「色変更」を繰り返します。

詳細は、Qiitaに『HoloLensアプリをMacでリリース』投稿してますので、よろしかったら参考にしてください。

 

動画をYouTubeにアップしました。(2017.04.03)

MacでHoloLensアプリ開発

Microsoft主催の『開発者向け HoloLens 概要セミナー - HoloLens Dev 101 -』に参加して、すっかりHoloLensの虜になってしまいました。
(HoloLensとは、Microsoftの販売しているMR:Mixed Reality用ヘッドマウントディスプレイ)

Microsoft HoloLens
『開発者向け HoloLens 概要セミナー - HoloLens Dev 101 -』まとめ

それで早速、HoloLensを導入。
HoloLensのアプリ開発は基本Windowsなのですが、Macの環境でHoloLensのアプリ開発ができないか試して、うまくいったのでその情報をQiitaに公開しました。

HoloLensアプリをMac環境で開発・実機で動作確認

私は今まで、Unix環境での開発数年、Windows環境での開発8年、Mac環境(iOSアプリ)での開発8年程やったので、この辺りでHoloLensアプリ開発は良いタイミングかと。

HoloLens導入になかなか踏み込めない方へ、理由にできそうなワードをいくつか挙げておきます。
自分への投資/将来の仕事/未来体験/宣伝ツール/MR体験/MR研究/MRアプリ開発/Microsoftの戦略/市場調査/知見/趣味/モチベーションアップ/やる気/生きがい/作品作り/自分へのご褒美/誕生日プレゼント/遅れた・早すぎるクリスマスプレゼント/運動/ダイエット/健康/長生き/ボケ防止/鬱対策

HoloLensアプリ開発、一通りできることが確認できました。
HoloLensのアプリ開発などにご興味ありましたら、お声掛けください!
まだまだ巷に出回っている情報も少ないですが、基本的なとこでも良ければ情報ご提供可能です。