Real-time Visual Effects Stereoscope

去年「Real-time Visual Effects Stereoscope」という作品を制作しました。
概要は、省エネ・省スペースでオリジナルエフェクトを使ってリアあるタイムに立体視できるシステムです。
公開してなかったので最近自分のホームページにアップしました。

要は、iPhone(iPod Touch)を2つ並べて、カメラからの映像にオリジナルのエフェクトを使って、2つのレンズを通して立体視して見るというモノです。


(平行法でご覧ください)

ただいま作品を展示していただける場所を探しておりますので、ご興味ありましたら連絡いただければ幸いです。(御要望に即したエフェクトを開発することも可能です!)

詳細は下記PDFファイルを参照ください。
RealtimeVIsualEffectsStereoscope.pdf

Air VJ (Smart VJ System)

秋葉原のクラブMOGRAにて、MBSoD -Blue Screen of Death- version1.0という映像イベントがあり、(BSoD は、映像パフォーマンスのための新しいシステムを模索する人向けの実験場)ということなので、自分はフリー部門に応募して出演してきました。

今回自分が試してみたかったのは、なるべく小さくシンプルな映像操作システム。そういうことで勝手に命名した「Air VJ(Smart VJ System)」

Air VJとは、独自で作ったiPhone用映像アプリの画面をAirPlayのwifiでAppleTVに飛ばし、そこからプロジェクターに繋いで映像を出すシステム。
 
[システム図]

「ただiPhoneの画面をAirPlayで出すだけじゃないかぁ!」と突っ込まれそうですが、このシステムを見たMOGRAスタッフの人がビックリしてくれたようで、たまにMOGRAで開かれるVJのイベント「VJ Session」でも例が無いそうです。
自分もネットで「Air VJ」「iPhone AirPlay vj」「iPhone wifi vj」「smart VJ」とかでGoogleやYouTubeで検索しましたが見当たりませんでした。
もしこれから流行ったりしたら、自分が世界初披露と勝手に思っておきます。

自分が作った映像アプリは、iPhoneのマイクからの音に反応するエフェクト(10個程)を急遽openFrameworksを勉強しながら3日程で作りました。
他のアプリは、4D CameraWarpCameraを使って、演者やお客さんを映してました。

ただこのシステムにはメリット、デメリットありまして、そのメモと次への課題を書いておきます。

【メリット】
システム全体の機材が軽くなる。
iPhoneは線も何も繋がってないので、VJブースとか関係なくフロアーを自由に動き回る事ができる。
不思議がられる。

【デメリット】
wifiが届かないと映像が止まる(MOGRAのフロアーで端から端まで移動しましたが大丈夫のようでした)
アプリの切換え時の操作画面が投影されてしまう(アプリで対応するかミキサーを使うかで対応可)
端から見て何やってるか分かり辛い
iPhoneのバッテリーが心配(数時間なら全然持ちます)
wifiなので多少のタイムラグがあるかも(見に来てくれた方によるとそう無いそうです)

【次回への課題】
自由に動き回れる良さを活かしたコンテンツを考える
もう一段階上のシステムへ改善

 

勢いでtwitterのアカウントを作っちゃいました!
Air VJ
(未だ何もtweetしてないですけど)